介護・社会福祉学科

心に寄り添い支える、介護・福祉のエキスパートに。

ホーム > ソーシャルワーク専門学校  > 介護・社会福祉学科

県内の専門学校で唯一!

厚生労働省からの指定を受けた「介護福祉士養成施設・社会福祉主事養成機関」である本校で3年間学びを深め、将来は介護・社会福祉のエキスパートに!!

取得可能資格

  • 介護福祉士(国家試験受験資格)※
  • 社会福祉士国家試験受験資格(要相談援助業務1年)
  • 社会福祉主事任用資格
  • 専門士称号付与(教育・社会福祉)
  • レクリ工ーションインストラクター

※卒業後、介護福祉士を暫定的に取得させる法改正が進んでいます。詳しくは当校へお問い合わせください。

介護・社会福祉学科で学ぶ3つのメリット

1. 県内で本校のみ。「介護福祉士」と
  「社会福祉主事任用資格」を卒業と同時に取得!

本校は、卒業時に「介護福祉士」の国家資格と、21科目以上に渡る「社会福祉主事任用資格」を同時取得することができます。また、卒業後1年間の実践経験を踏むことで「社会福祉士国家試験受験資格」も得られるというメリットがあるのが特徴。3年制でしっかり学び、多彩な資格を得ることで「生活を支える」介護技術はもちろん、「心を支える」相談援助まで網羅した真の「福祉人」を育成します。

2. 卒業後「社会福祉士」国家試験の受験が可能!

「社会福祉士」の国家試験受験資格は、4年制大学の福祉系学科を卒業することが一般的です。本校では、先駆的力リキュラムを活用しているため、卒業後1年間の相談業務に従事しながら、最短4年で「社会福祉士」国家試験の受験資格を得ることが可能です。

3. 幅広いフィールド・就職先でも活躍できる、
 確かな知識と多彩な資格が魅力!

本校では3年間の学びで取得できる資格の他にも、「スキルアップ講座(夜間自由選択)」 などを開講。 学生自身のやる気次第でさらに多くの資格を取得することが可能です。将来は、老人・障がい者福祉施設、病院はもちろん、福祉事務所や各種相談所など「介護」 「社会福祉」業界の様々なフィールドで活躍できる、確かな知識と高いスキルを備えた人材を育成します。

学びのポイント

介護・福祉従事者のリーダーを養成します。

介護福祉士を目指すために学ぶこと(介護・福祉における直接的援助)

人間と社会

介護を必要とする者に対する全人的な理解や尊厳の保持、介護実践の基盤となる教養、総合的な判断力や豊かな人間性を養います。

介護(知識・技術)

実際に介護の現場で必要とされる知識と技術をしっかりと身に付けます。介護福祉士には必要不可欠なスキルです。

こころとからだのしくみ

介護をバックアップする知識として、介護に必要な観点から、医学・看護・リハビリテーション、心理等の諸分野について知識を深めます。

医療的ケア

在宅で家族が日常的に行っている医療的介助行為を、医師法上の「医療行為」と区別し、「医療的ケア」と呼びます。たんの吸引や鼻などから管を通して栄養を摂取する経管栄養などについて学びます。

社会福祉士を目指すために学ぶこと(介護・福祉における間接的援助)

1

ソーシャルワーク・社会福祉の役割、歴史、相互援助の展開など総合的な内容について学びます。上空から森をみるように、まずは全体像を把握することで、その後の学習を効果的に進めることが可能になります。

2

福祉サービスが必要な人のことを理解し、その人らしい生活を維持するための制度・保障について学びます。間接的援助とはいうものの、「人」と関わることには変わりありません。「人」への理解を深め、より実践的な理論を学びます。

3

相談援助の対象のとらえ方、コーディネーション、ネットワーキングなど様々なモデルの習得をします。多様な社会課題に対して、その時々の状況に適した相談援助モデルを実践する必要があります。相談援助の要になる部分について学びます。

介護と福祉の精神で学びを深める3年間。

講義による介護・福祉の基礎理論の習得はもちろん、実際に機器等を使用して行う演習などで実践力を蓄えます。また、各種施設で行われる実習では実際の利用者と直接触れ合い、3年を通じて責任感と意欲を育みます。

STEP1 [講義]

多彩なテキストとプロの講師陣によって、各専門科目についての知識や理論を習得。
将来の資格取得にも大いに役立ちます。

STEP2 [演習]

座学では学べない「体感」に基づいた授業を展開。
充実した設備を活用し、現場で活躍する講師陣が基礎から教えます。

STEP3 [実習]

講義、演習を通して培った「心」と「技」を社会の現場で発揮するステップ。
専門士としての責任感と就業への意識を高めます。

授業紹介

医療的ケア理論

介護人材の活用のため、在宅、介護保険施設、学校等において、介護福祉等の介護職員が、たんの吸引や経管栄養といった日常の「医療的ケア」を実践できるようになりました。本校では沖縄県内で初めてカリキュラムに導入しています。

社会福祉援助技術論

相談支援を行う上で大切な心構えや制度について学び、幅広い福祉分野で実践ができるよう理論を学びます。

介護実習報告会

3年間の介護実習を振り返り、実習目標への到達速度をまとめ、課題を明確にします。
1・2年生は3年生が得た経験を共有することで、今後の実習に活かしていきます。

レクリエーション

レクリエーションを通して、コミュニケーションが促進されたり、高齢者の低下した部位の機能回復・筋力の維持などを目的としたプログラムを組み立てたり、指導することを学びます。

生活支援技術(移乗介助演習)

介護リフトやスライディングボード等の機器や用具を用いて、ベッドから車椅子へ移乗介助の手法や心構えを修得します。

生活支援技術(食事介助演習)

利用者の症状に合わせた食事介助の仕方を学びます。

生活支援技術(高齢者擬似体験)

関節可動領域の制限や視覚の変化を体験することにより、高齢者の立場にたち根拠に基づいた支援方法を修得します。

介護実習II

利用者の生活の場である多様な介護現場において、利用者理解を中心として、これに合わせて利用者・家族との関わりを通じたコミュニケーションの実践、他職種協働の実践、介護技術の確認等を行うことに重点をおきます。

資料請求・オープンスクール

大庭学園のパンフレットはPDF形式でのダウンロード、メールフォームからの資料請求で入手することができます。体験入学・学校見学も随時受付中です。体験授業で生の大庭学園を感じましょう!

  • オープンスクール

    学校や将来の仕事について詳しく知るには、オープンスクールに参加するのが一番!

  • 資料請求・ダウンロード

    大庭学園の各種資料をPDF形式でダウンロードすることができます。

  • 沖縄福祉保育専門学校
  • ソーシャルワーク専門学校
  • Orico ソーシャルワーク専門学校指定 教育ローン
  • 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」学校情報公開
  • 大庭学園テレビCM
介護と福祉のooba 学校法人 大庭学園
沖縄福祉保育専門学校
那覇市久米1-5-17
TEL:098-868-5796
ソーシャルワーク専門学校
中頭郡北中城字屋宜原212-1
TEL:098-933-8788